STAFF INTERVIEWスタッフインタビュー

転職 × キャリアアップ

スタッフの健全な心と身体から生まれる、
ご入居者さまの毎日に寄り添う介護

  • ケア主任
  • 2009年入社小川智基

01

一人でも多くの人に伝えたい。
介護は特別な仕事ではなく、
経験の積み重ねで
成長できる仕事

私は現在、ケア主任として所属する当ホームを中心に近隣エリアの4つのホームを廻り、若いケアスタッフの育成に携わっています。ホームでは、ご入居者さまお一人おひとりの体調や現状を各スタッフと共有し、いろいろな部門とコミュニケーションを取りながら毎日のケア業務がスムーズに行われるよう、つねに現場に立って見守っています。その中で、特に意識して私がスタッフに伝えていることは「介護という仕事は特別な能力を必要とする仕事ではない」ということです。その想いは、私のこれまでの経験から得たものですが、特に介護の仕事が注目される今、世の中の多くの人が抱いている「介護は難しい仕事」というイメージを変えていきたいと思っています。なぜなら時にこうした先入観が壁となり、これから介護の現場を支えていくべきスタッフの成長の妨げになっているとしたらとても残念なことだからです。初めてお年寄りと接するスタッフに、介護は特別なことをするのではなく、日々共に働くスタッフとご入居者さまとの心の通じ合いから喜びが生まれていくものだということを知ってもらいたいのです。

私たちの仕事の基本は、ご入居者さまが毎日を安全に楽しく、健康に過ごしていただけるようにサポートすることです。もちろんそこでは食事や入浴、排泄などの介助技術は必要ですが、それ以前にご入居者さまお一人おひとりの状況をきちんと把握し、毎日の生活に寄り添い経験を積むことで技術は自然と身に付き、信頼されるようになるのです。介護は「こうあるべき」「こうしなければならない」という特別なものがあるのではなく、日々の仕事の中でご入居者さまの気持ちに近づけば近づくほど楽しいものに変わっていくものなのです。

02

いま求められるのは、
スタッフ一人ひとりが
心にゆとりをもって働ける
環境とメンタルサポート

私は福祉系の学校を卒業して特別養護老人ホームで10年以上働いていましたが、当時の介護現場は、各スタッフの経験と感覚に頼ったものでした。その中で、私は自分の介護経験をもっと論理的に、自分の言葉で人に伝えられるものにしたいと、2011年に新しい理念を掲げていた現在のホームに入社しました。特に当時の「美味しい食事」や「4大ゼロ」などの取り組みは、従来にはなかった目に見える新しい目標として、大きなやりがいを感じました。そして、私たちケアスタッフは、「何よりもご入居者さまのことを考える」という思いで毎日の業務に取り組んできたのですが、一方でスタッフ一人ひとりの負担が大きくなっていくという問題も生まれてきました。

ご入居者さまはお一人おひとり、身体の状態も病状も性格も違います。特に認知症の方の中には予想外の行動を取る方もいます。初めてご入居者さまと接するスタッフが、いきなり大声で怒鳴られたり、叩かれることもあります。そうしたことが重なれば、スタッフも人間である限り、怖がり傷つきます。私は、そうしたスタッフ側の「怖い、痛い、危ない」という状況を、すべてのスタッフが共有し助け合っていくことが重要だと思っています。そして、ケアスタッフや看護スタッフ、ケアマネジャーの間で、ご入居者さまお一人おひとりの状況をどんな細かいことも記録に残し、確認し合い、問題を把握し、改善策を講じることで精神的な余裕や安心感が生まれます。私たちケアスタッフが、ご入居者さまのために最善を尽くすことは当たり前ですが、それを実現するには仲間であるケアスタッフの心と身体が健全でなければならない。ご入居者さまと直接関わるケアスタッフが、辛いことを我慢したり、ストレスを抱えることのないような環境をつくることも私の仕事です。

03

変えないこと。変えたいこと。
新しい介護環境で、
これからの新しい自分に期待

さらに私がケア主任として心がけているのは、タイムリーな指導です。介護の現場では、常に新しいことが起きており、何かが起きた時、私は可能な限りその場で解決することが大切だと考えています。1週間前、1か月前に起きたことをテーマに指導してもリアリティを感じません。毎日の業務の記録を通して、各スタッフが疑問を持ったこと、判断に迷ったことなど、セクションを超えて情報共有し意見を出し合うことが最も早い解決策につながるのです。また、すべてのスタッフは毎日出勤したら、お互いに仲間の顔を確認し「体調はどう?」と声を掛け合って、ベストな状態で仕事に取り組めるように配慮することも必要です。

私は介護の現場に長く携わり、その間に介護の知識や技術の進化も体験してきました。しかし、どんなに環境が変わろうと、現場のスタッフに「お年寄りが好き」という気持ちがなければいい介護にはつながりません。食事やお風呂、排泄の介助がどんなに手際よくても、それがご入居者さまの笑顔につながらなければ0点です。最終的にはスタッフの人間性が問われる仕事なのです。私は、技術優先ではなくそんな温かなハートをもった人を育てたい。そのためにもいまの介護の現場が抱える問題点や、現場で働く介護スタッフの正直な思いも、もっと世の中にオープンに広めていけたらいいと思っています。そこから「人が好き」な人が、一人でも多く働けるような環境を作りたいと考えています。おかげさまで私は、自分のキャリアで何度も大きな転機に出会い、その度に成長させていただきました。今度は、SOMPOケアネクストという大きな環境の下で、また新しい分野の人と出会い、さらに新しい経験ができることに心をワクワクさせています。

SCHEDULEスケジュール

  • 07:00

    出勤 モーニングケア誘導
  • 07:30

    朝食準備

    食事形態や禁食確認及びお箸やスプーンを用意

  • 08:30

    口腔ケア誘導と口腔ケア
  • 09:30

    排泄介助と離床介助
    ナースとの打ち合わせ

    入居の受入れや服薬状況の相談などあり

  • 11:00

    休憩
  • 12:00

    昼食準備

    食事形態や禁食確認及びお箸やスプーンを用意

  • 13:00

    排泄介助
  • 14:00

    サービス担当者会議

    ご本人、ご家族(身元引受人様)を中心に、ホームでの各セクション(看護、介護、生活相談員、キッチン)と
    ケアマネジャーが情報の共有化と問題解決の方策を検討し決定する場

  • 15:00

    1日の記録とスタッフの記録確認
  • 16:00

    退社